CBR250Rのキャブレター同調調整

伊豆へツーリングに行った際に、CBR250Rのエンジン回転数の

下がり遅いのを感じていました。低速から高回転までバラつきながらも

パワーは出ている感じですが、アクセルから手を離した時の戻りですね。

原因として

●ワイヤー不良 ●スロットルバルブの戻り不良  ●インシュレーターの漏れ

●圧縮不足 ●点火時期のくるい ●チョークバルブの戻りなど

ワイヤーを調整しカツンカツンと戻ることを確認して

Amazonで買ったバキュームゲージで同調調整をしました。

アイドリングの安定、エンジン始動の改善、スタートのレスポンスが上がりましたが

2年放置してキャブレターのガソリンが腐ってメインジェット清掃、スロージェット交換を

しましたが、まだどこか詰まっているようで回転数の下がりが悪い。

やっぱりまたキャブレターを外さないとダメですか・・・(TT;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA