回転数の戻り不良の原因

回転数の戻りの不良の原因が判明しました。

分解した際にスラストスプリングというスプリングの大小を入れ替えて

組んだために、スロットルの戻りが渋くなっていたようです。

ジェット類を全部外して、灯油で洗浄後、パーツクリーナーという工程を

再び繰り返している時に、あれ?サービスマニュアルと違うなと。。。

今回、アクセルワイヤー交換とキャブの同調をしましたが、戻りの原因はそこでした。

ともあれ現在8万8000キロ、2年ぶりにきちんと走るようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA